ソフトウェアラインナップ

ラインナップの概要

MTシステムがどのような認識・予測能力を持つか試してみたい方から、検査・予知保全への実用化をお考えの方まで、全てのご要望にお応えするラインナップです。
各ソフトウェアの計算処理はMT-SDKという共通の計算ライブラリが実行します。研究・開発の上流段階から最終段階までがスムーズに繋がりますので、目的達成の成功確率を高めます。MT-SDKは高度に洗練されており、多重共線性の問題など計算上の課題を克服しています。その上、驚くような計算速度を有しています。弊社のMT法は、JAXAのロケット自律点検システムにも採用されています。
Excel上で動作するソフトウェアの1か月間無料お試し版も用意しておりますので、どうぞご利用ください。

Excel上でMTシステムを簡単操作MTRT-Addins

5種類の関数から選択できます
・MT法 ・RT法 ・誤圧法
・T法(1) ・MSR(多重単回帰)

MTRT-AddIns-ALL1か月無料お試し版申込み

超高速MT法専用ソフトATMTS

波形特徴抽出ソフトWaveTools

スペクトル特徴抽出・判定ソフトATSpectrum

組込用ライブラリMT-SDK

波形検査REM-Wave

スペクトル検査REM-Spectrum

画像検査REM-Image

ソフトウェアご購入方法

ソフトウェアをご購入いただく方法には、
(1)直接のご購入
(2)代理店経由のご購入
があります。詳しくは、「お問い合わせ」からご連絡ください。
なお、ご発注いただいた場合の納期は10日間程度です。

各ソフトウェアの機能

MTRT-AddIns

Excel 上で動作するオールラウンドソフトウェアです。MT法・RT法・標準化誤圧法・T法(1)・MSRという、MTシステムの中で実用性の高い5種類の計算が可能です。見やすいグラフ表示や優れた操作性により、パターン認識や予測の効果を試すことができます。入門用ではありますが、多くの実課題についての有効性を確認することができます。また、多くの企業や教育機関でMTシステム研修用としても活用されています。Ver.05から”移動単位空間”機能が追加され、設備監視の最適化や地震予測への応用も可能となりました。

ATMTS

MT法に特化したソフトウェアで、データ規模が大きい場合などに特に威力を発揮します。単位空間、マハラノビス距離の計算、原因診断処理などが超高速に実行されます。グラフ表示も豊富で操作性に優れ、解析作業効率が一気に向上します。MT法は、MTシステムの中で最初に提案されたパターン認識手段です。深層学習などの人工知能(AI)と同じ目的に利用されることも多く、イプシロンロケットの機器診断では最も認識精度が優れるとの理由から採用されました。

WaveTool

振動や音波形、あるいは設備・機器監視における温度変化などの時系列データから波形特徴を抽出するソフトウェアです。田口玄一博士により提案された、変化量・存在量(微分・積分特性)という独自の特徴量を超高速に抽出します。これら特徴量は従来の周波数特性(FFT)などと異なっており、シンプルな定義でありながら豊富な波形情報を持っています。また、抽出した特徴量をPCのメモリ内でATMTSへ直接転送する機能を持ち、検査問題や監視問題の開発効率が数十倍向上します。異音検査、振動検査、監視問題でよく利用されています。標本線定義などの操作は、CADのような軽快さがあります。

ATSpectrum

スペクトルデータからの特徴抽出とMT法計算とを併せ持つソフトウェアです。電気特性波形や圧入履歴曲線などの特性検査などに適用されています。波形形状が正常波形と同一かどうかを瞬時に判定します。クロマトグラムのように多峰のスペクトル波形にも適用することができますので、成分分析などへの応用もできます。また非正常と判定された場合に、正常波形と異なる箇所の特定も瞬時に実行します。領域設定や標本性定義などは、CADを操作するような感覚で実行できます。

REM-Wave

WaveToolで有効性が確認された振動検査や異音検査をそのまま現場導入し、自動化するためのソフトウェアです。異常検査のほか、異常発生の未然防止にも役立ちます。入力された波形のOK/NGをリアルタイムで判定しUSBポートから結果を出力します。WaveToolとATMTSで確認した結果をそのまま再現します。現場に合わせたデータ保存機能にも対応しています。

REM-Spectrum

ATSpectrumで確認された波形形状検査を現場導入し、自動化するためのソフトウェアです。入力された波形のOK/NGを瞬時に判定しUSBポートから出力します。ATSpectrumで確認した結果をそのまま再現します。現場に合わせたデータ保存機能も対応しています。

REM-Image

画像検査・外観検査を現場運用するためのソフトウェアです。画像データを輝度波形に分解して画像特徴を抽出するという、ユニークな技術を適用しています。感度や処理時間の問題で導入が困難だった課題でも、大きな効果を発揮します。特にシート状製品の外観検査や特性検査の自動化に有効です。電子顕微鏡による半導体の組成画像への適用事例もあります。

MT-SDK

MTシステムの計算処理と特徴抽出を備えたソフトウェアライブラリで、約100関数を持っています。VBAやVCなど任意のシステムから関数として呼び出し、結果を取得することができます。超高速・高精度な処理を実行することができます。

各ソフトウェアにおけるMTシステムの計算や特徴抽出処理は、ソフトウェアライブラリMT-SDKが実行しています。そのため、入門用や運用検証用ソフトで得た結果は、現場導入用ソフトあるいはMT-SDKの組込みソフトでそのまま再現されます。優れた認識精度や予測精度はMT-SDKが支えています。最小コストで着実な導入プロセスを確保することができます。

ソフトウェアのご利用条件について

上記ソフトウェアは専用ハードウェアキーをパソコンに装着してご利用いただきますが、ソフトウェアライセンスでのご提供も可能です。ハードウェアキーの場合、インストールいただくPC台数に制限はありません。
特別な場合を除いてお買取りとなり、年間利用料などは発生いたしません。
ソフトの小規模修正(リビジョンアップ)は都度実施しており、ホームページからダウンロードにより更新いただくことができます。
詳細はお問い合わせからお願いいたします。

© 2021 アングルトライ株式会社