MTシステム
(マハラノビス・タグチ システム)

MTシステムは品質工学で提案されたパターン認識技術で
項目間の相関を利用した簡素な数理で構成されます。
検査や予測などの用途があり、分かりやすさや計算の
軽快さなど、深層学習などにない利点を持っています。

アングルトライはMTシステムソフトウェア
導入までのコンサルティングをご提供します

MTシステムの特徴

解釈可能性(透明性)に優れる

ものづくりの現場では、異常やその予兆が発生したときに、その原因がどこにあるのかを即座に知ることが重要です。MTシステムは、品質工学の手法(直交表)を用いて、どの測定項目が原因なのか、あるいは測定項目間のバランスが原因なのかを分析します。

学習データが最小で済む

MTシステムは、学習(教師)データが少ない場合でも有効な判定を実行します。ものづくりの立ち上がりや開発段階では大量のデータが取得できるとは限りません。MTシステムでは数セットの正常データを学習し、有効な判定や予測を実行することも可能です。

ノイズにロバストで異常検出感度が高い

MTシステムは、データのばらつきやノイズに対してロバストです。この性質は、S/N比の適用やマハラノビス距離の使用などに起因します。ノイズへの耐性がありながら、異常検出感度は高いという性質を持ちます。

機械学習における深層学習とMT法の違い
両者は同じ目的を持ち、それぞれ得意とする分野があります。それぞれの共通点と相違点についてご説明します。

詳しくはこちら↓↓

機械学習における深層学習とMT法の違い


アングルトライのソフトウェアとコンサルティング

アングルトライは導入用から現場用までの豊富なソフトウェアラインナップ、および専門性の高いコンサルティングをご提供しております。
入門ソフトMTRT-AddInsはExcel上で動作します。さらに、ATMTSなどの超高速計算ソフトで効率的な検証をすることもできます。
ソフトウェアライブラリ(MT-SDK)は、100以上の関数群で、MTシステムや特徴抽出をお客様の任意のシステムに組み込むことができます。

MTシステムソフトウェア
Excel版の入門用から即現場導入用までをラインナップしております。いずれも超高速、高精度です。

詳しくはこちら↓↓

ソフトウェア

特徴抽出

MTシステムには、画像や波形からのユニークな特徴抽出手段があります。微分特性(変化量)、積分特性(存在量)という特徴量の抽出です。汎用性が高く、異音検査から画像検査まで広く利用されています。
特徴化は、WaveToolおよびATSpectrumで実行することができます。

Taguchi Patent in USA

<特徴抽出に関する田口博士の特許>
米国で権利化されている特許があります(US Patent 5,684,892)。
これは、田口玄一博士が米国の特許審査期間を計測したいとのいたずら心から申請されました。文字パターンから微積分特性を取り出す方法に関する内容で、例とした文字「沪」は「上海(シャンハイ)」を意味します。

MTシステムと品質工学
「幸福な家庭は一様に幸福だが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である」がMTシステム考案に繋がった経緯についてご説明しています。

詳しくはこちら↓↓

ソフトウェア

© 2024 アングルトライ株式会社