• HOME
  • 会社概要
  • サイトマップ

応用分野

出力値の予測

  • 多数の説明変数(項目)から出力値を予測する数理として、重回帰分析があります。
  • K個の項目と出力値からなるデータがnセットある場合、出力値を推定する式を求めます。
  • しかし、重回帰分析では k < n でなければ計算ができませんし、多重共線性があっても計算不能です。
    解説画像
  • その問題を解決するために、田口玄一博士はT法(1)を提案しました。
  • それでも必ずしもよい推定精度が得られないことがあります。
  • アングルトライはMSR法という新たな考えに基づく推定式を導入し、より精度の高い推定を実現しました。
  • MSR法により、重回帰分析やT法(1)より多くの場合で優れた推定精度を得ることができます。
  • MTRT-AddIns-ALL でM法の計算機能を活用することができます。
四角形 四角形
関連するソフトウェア

お問い合わせ
 
ページの先頭に戻る