• HOME
  • 会社概要
  • サイトマップ

応用分野

設備・機器の監視

  • 設備や機器から得た温度・流量・回転数などのデータや、制御量と被制御量の関係に基づいた監視が行われます。
  • データは計測、記録されているが有効に活用されていない、あるいは監視員が経験を頼りにデータを見て判断していることがあります。
  • データは一般的に時系列波形ですから、そのパターンを総合した判定が求められます。
  • 従来は管理限界線を設定し、その範囲内にあるかどうかの判断が主流でしたが、それだけでは全体が良いバランスで稼働しているかどうかの正確な判断ができません。
  • MTシステムでは、正常時の時系列データから「全体的に良いバランスにある」状態を基準とし、対象となる状態の基準からの距離を求めます。
  • 全体を部分に分けて、各部分ごとにバランスを判定することもできます。
  • どの計測データや特徴量が異常原因となったかが分かります。
  • 距離計算や原因診断処理は超高速に実行されます。
解説画像
四角形 四角形 四角形 四角形 四角形 四角形
関連するソフトウェア

お問い合わせ
 
ページの先頭に戻る